ハガキ投函は難しい?

 参加確認の往復はがきを発送して数週間が経過するけれど、まだ返信のない人が少なくない。それで、電話でもって確認をすることになる。
 反応は様々。でも共通しているのはハガキを投函していないことに対する罪悪感。「怒ってる?」が第一声だった人も。別に怒ってないことを伝えると、安心して言い訳が始まる。でも、ハガキを投函していない人はほとんどが欠席の人。でも、今日は電話で一人だけ出席の返事をもらった。相手は、小学校で同級生で、僕の転校で別れてしまったけれど、高校でまた再会し、3年間同じクラスだったFくん。おっちょこちょいな性格は相変わらずで「ハガキもらったで」と明るい返事。往復ハガキであったことを伝えると「ホンマや」と初めて認識した様子。悪びれた様子もなく「行く行く」と明るい返事。
当日の参加は、全体の4分の1ぐらいになりそうだけど、当日参加できない人たちともこうして色々と話をできるのも幹事をさせてもらっているお陰かなと思う。こういうことが重荷になる人には、できないのかもしれないけれど、僕はとっても楽しいし、幹事という大義名分があるから、人妻(?)にでも遠慮なく連絡がとれる。だから幹事は辞められないかな。
 でも、できるならば往復ハガキは返信してほしいと思う、今日この頃です。
[PR]
by s_excite | 2004-03-04 23:31 | 同窓会当日まで
<< 恩師について 出欠確認の往復ハガキ >>