世間は狭い

a0007335_103640.jpg
 しばらく更新できずにスミマセンでした。
友人の家の建築を手伝いに行ってたり、「緑の雇用」事業の調査をしたりと、色々忙しかったのです。

 それで、その友人の家を建てに行ったときの話なのですが、若い人たち(僕を含めて)がいっぱい手伝いに来ていて、休憩中に色々と話をしてました。
そのうちの一人に「仕事は何をしてるの?」と聞いたら「陶芸」とこたえました。
以下、そのときの会話です。
「ふーん、僕の友達にも大阪で陶芸してる子がおるわ」
「なんていう人ですか?」
「えっ?(お前、そんなに顔ひろいんかよ?)サワダやけど・・・」
「サワダさんですか?!」
「あー、サワダや。ちちんぷいていう陶芸教室やってると思うけど。」
「知ってます、知ってます。でも、なんで五一さんはサワダさん知ってはるんですか?」
「そら知ってるよ!高校の同級生やもん。」
というわけで、龍神村で陶芸をしている彼は、大阪芸大時代にサワダくんの後輩だったそうです。世間は狭いっ!をまたまた実感した瞬間でした。

ということで今回の写真は、サワダくん・・・・といきたいところでしたが、残念ながら彼は同窓会には出席していませんでしたので、サワダ君と下の名前が同じ「ケンケン」こと北野君の写真をアップしました。
(携帯電話の画像でブレててゴメン。でも少しファンタジック?)

どうしてもサワダ君が見たいと言う人はgoogleで「ちちんぷい」と検索してください。
一番目に「ちちんぷい陶芸教室」がヒットしますので、そこから彼の顔や作品を見ることができます。

先日、サワダ君と電話で話しましたが元気でした。まだ卒業20年ぐらいでは「懐かしい」という感じがしないということでしたので、彼には卒業50周年の幹事をしてもらおうかなと考えています。
[PR]
by s_excite | 2004-04-21 10:37 | 同窓会その後
<< 携帯電話 田舎はITまで過疎です。 >>